定性・定量どちらの調査手法も、長い時間をかけて積み上げた、経験と実績があります。クライアントが抱えている課題(ケース)により、適切な調査・分析手法を柔軟に選択して、下記のような問題を解決します。

[1]市場分析とマーケティング戦略の立案をリサーチによってサポート
マーケティング活動は常にチェックと修正の繰り返しです。クライアントの当該カテゴリー市場について調査分析を行い、現状の課題や今後の方向性を抽出することで、マーケティング政策立案のためのサポートをしています。

[2]新製品開発をリサーチによってサポート
新製品の研究・開発は、企業のマーケティング活動において重要な課題です。創立以来、様々なクライアントの新製品開発について、リサーチの提案や分析によるサポートを行ってきました。複数のカテゴリーと、多くのケースの経験が強みであると自負しています。

[3]コミュニケーション効果の測定と評価分析
パッケージ制作やCMなどの多義な意味合いでのコミュニケーションについて、効果測定やクリエイティブワークに対する評価を行っています。測定した結果から、コミュニケーションにおける問題点の抽出やリファインの方向性を提案します。

[4]ブランド戦略立案をリサーチによってサポート
消費財のマーケティング活動においては、既存ブランドのコンディション(市場におけるポジショニングなど)を定期的に把握し、必要な施策を行うことが重要です。既存ブランドに関してだけではなく、新規ブランドの開発についてもサポートいたします。

[5]人間の行動や意識に関する研究をリサーチによってサポート
マーケティングに活用されている調査手法は、我々人間(≒消費者)そのものを知るためにも役立ちます。NIMSでは、ワークスタイルや世代研究など、人の意識や営みを対象とした研究のサポートも行っています。こうした調査によって培われた知見は、消費者や消費行動の分析にも役立っています。

[6]海外マーケティングの市場調査と戦略立案
グローバル時代に入った今日、海外市場についてのリサーチが増加しています。海外調査ネットワークを利用して、日本と同等の調査と提案を行っております。特にアジア圏ではさまざまな形で調査・分析を行なっています。



一般消費財などの生活関連が得意分野です。
しかし、AV機器や情報機器、クルマなどの耐久消費財も多く手がけています。

   
トイレタリー・女性用品 関連商品
   
化粧品・ファッション 関連商品
   
飲 料・アルコール 関連商品
   
インスタント食品などの加工食品 関連商品
   
スナック・チョコレートなどの菓子 関連商品
   
家電・住設機器 関連商品
   
大衆薬・ビタミン類 関連商品
   
百貨店・流通・サービス関連商品     …etc.







Copyright© 2014 Nippon Marketing Systems,Inc. All Rights Reserved.